でべそ 種類

でべその種類について

スポンサーリンク

特に赤ちゃんに多いでべそですが、大人でも気にしている方もいると思います。
はっきりとした原因は解明されていませんが、でべそには種類があります。
まず、赤ちゃんの20%がなるという臍ヘルニアというものです。
赤ちゃんとお母さんは元々へその緒で繋がっていますが、生まれるとへその緒は切ることでなくなります。
その部分が穴のあいた状態になり筋膜などの組織が覆って出来るのが臍です。
しかし臍ヘルニアの場合穴があいた状態がずっと続きます。
これは放置していても約90%の赤ちゃんは2歳頃までには自然に閉じるといわれています。
臍突出症というものもあり、これは臍が窪みきらずに膨らみが残っているもののことです。
これらの違いは臍を指で押した時で分かります。
奥に溝を感じることが出来れば臍ヘルニアです。
スポンサーリンク

他にも出産した後でべそになるということもあります。
これは妊娠により皮膚が引き伸ばされて元に戻らなくなることで出来るので、臍の周りの皮膚がたるんでいたり、筋肉が薄くなっています。
その他にはお腹に水が溜まるような病気になった場合や臍に傷ができて手術などをした場合にでべそになることもあります。
2歳までに治らなかったものはいずれも手術によって治すことができます。
子どもの場合は小児外科、大人は形成外科や美容クリニックなどで手術が行われています。
臍ヘルニアは病気として扱われるので保険が適用されますが、臍突出症は保険が適用されないので自費診療になります。
自分のでべその種類を知り、医師に相談して治療を行いましょう。
スポンサーリンク