妊婦 出べそ 痛い

妊婦で出べそになり痛いと感じる人がいるのは

スポンサーリンク

妊婦さんは人にもよりますが、出べそになりやすいといわれています。
なぜなら、おなかの中の子供がどんどん成長するにつれて、腹筋がなくなりおへそ付近は筋肉がなくなっていきます。
そして、その筋肉がない状態にもかかわらずお腹もどんどん大きくなっていき、腹筋がなくなったへそ近辺をどんどん内圧していき、へそが出てしまうという仕組みになっています。
出べそになるだけでなく、服などがへそに触れるたびに痛いと感じる妊婦さんも多いようです。
痛いと感じたら無理せず、ガーゼやバンドエイドなどで保護するなどの対策をとったり、お医者さんで相談することが大切です。
妊婦でも飲むことができる、痛み止めなどを処方してもらうことができるからです。
スポンサーリンク

また、お腹の皮膚が引っ張られることによってへそに痛みを感じることもあります。
そういったときは、クリームやオイルなどでしっかりと保湿してあげると、痛みが和らぐことがあります。
そのままにしておくと、寝返りをうつだけで痛みを感じることもあるため、何かしらの対策をしておくのが良いです。
また、出産後に体を鍛えることにより腹筋が戻り、自然に出べそが治るのが普通です。
しかし、人によっては治らないこともあるため、気になる人は病院で相談することが大切です。
なぜなら、臍ヘルニアなどの病気を患っていることもあるからです。
ですから、体の痛みを感じたら、我慢せずにお医者さんに相談することが妊娠・産後で一番大切なこととなっています。ぜひ自分の身体を大切にしていきましょう。
スポンサーリンク