臨月 出べそ

臨月に出べそになったときには

スポンサーリンク

妊娠することで女性のお腹はどんどん大きくなっていきます。
体にもさまざまな変化が見られるようになっていますが、意外なところにも変化があります。
それはおへそに関してです。
臨月には非常に驚くほどお腹が大きくなりますが、ここでは子宮が大きくなっています。
スイカ程度の大きさまで大きくなるとされています。
子宮はおへその下に存在していますが、大きくなることで胸のすぐ下あたりまで広がるようになっています。
したがって臨月にはお腹がふくれあがって、おへそもむき出しの状態となってしまいます。
このときに腹直筋離開が発生します。
これが原因となって出べそになることが多くなっています。
しかし心配することはありません。
基本的に出産の後で出べそは元に戻るようになっています。
スポンサーリンク

しかし全ての人が出産後に元に戻ると言うことではありません。
腹直筋離開がひどい状態の人もいます。
この場合産後でも普通の状態になかなか戻らないと言うこともあります。
なぜ腹直筋離開がひどくなるのかというと、妊娠をすると女性の子宮は大きくなり、それと同時にお腹も大きくなって脂肪が付いてきます。
その結果筋力が低下してしまいます。
これが原因となっています。
したがって少しでもこの状態を改善させるためには、しっかりと腹筋を鍛えるようにします。
臨月になると急にお腹が大きくなってきます。
腹筋があるという人はお腹が大きくなりにくいのですが、これによって出べそにもなりにくいと言えます。
またこれ以外に妊娠線ができやすかったりします。
出産後は無理をしない程度に筋トレを行うことで出べそも改善します。
スポンサーリンク