臍 ヘルニア 成人 手術 費用

成人の臍ヘルニアの手術費用について

スポンサーリンク

でべそが小さい頃から気になって仕方がないという人がいます。
これがコンプレックスになっているという人も少なくありません。
でべそは臍ヘルニアと呼ばれるようになっていますが、臍ヘルニアに関しては、すぐに治療をして改善させるということはできません。
小さな子供の場合には、1歳までに自然に治るというようになっていますが、成人の場合には臍ヘルニアに関しては手術によって治療が行われるようになっています。
手術ということになると、気になるのが痛みであったり傷跡が残らないのかということになります。
このほかには費用も気になります。
臍ヘルニアの手術に関しては、傷を臍の中だけでおさめるという方法があります。
これは臍内法となります。
これは小さな子供や横幅を短くしたいというようなときに行われる方法となっています。
成人の場合にはほとんどがこの方法で行われています。
形を変える必要がないというときに行われています。
また傷跡も目立ちません。
スポンサーリンク

手術時間はそれほど長くありません。
1時間程度で終了するようになっています。
局所麻酔や軽い静脈麻酔が行われるようになっています。
手術を行った後は患部の圧迫を行います。
日帰りも可能となっています。
また痛みを感じるということもほとんどなく、筋肉痛程度となっています。
糸を使うという場合には、1週間後に抜糸を行う必要があります。
この方法は大きなリスクがないと考えられています。
しかし感染や再発をすることもあるので、しっかりと医師の説明を聞いておくようにします。
気になるのが費用です。
臍ヘルニアの場合には健康保険の適応となっています。
健康保険の適応となると、費用は4万円から5万円となっています。
成人は自治体から補助が出るということはありませんが、乳幼児や小児の場合には、自治体から補助や出ることもあります。
自由診療で行うという場合には、費用は病院によって差があります。
安いところでは十数万円となっていますが、高いところでは30万円程度になります。
スポンサーリンク