臍 ヘルニア 成人 症状

成人の臍ヘルニアの症状について

スポンサーリンク

あまり聞き慣れないと思いますが、臍ヘルニアという病気があります。
これは基本的には子供に発症することが多くなっています。
とくに生まれたばかりの赤ちゃんが、先天的なことが原因となって、臍ヘルニアの状態となっていることがあります。
しかし必ずしも治療を行わなければいけないということはありません。
自然に治ることもあるので、1歳までは病院で経過観察が行われるようになっています。
1歳を過ぎても治らないという場合には、手術によって治療が行われるようになっています。
成人の場合でも臍ヘルニアになることがありますが、非常に稀となっています。
臍ヘルニアは、腹膜が弱いということが原因となっています。
成人の場合どのような症状が現れるようになっているのかというと、臍が出た状態となります。
成人男性の場合には、脱出した臓器が陰嚢部分に飛び出るようになっているので、袋が大きく膨らんだ状態となります。
これが脱腸といわれる状態となります。
女性の場合には下腹部にふくらみがあります。
スポンサーリンク

膨らんだ部分によって分けて考えられるようになっていますが、基本的に治療方法や症状に違いはありません。
このように臓器が外に飛び出しているという症状が現れるようになっていますが、臓器に関しては手を使って優しく戻してあげれば、そのまま戻るようになっています。
しかし戻らないということもあります。
この場合には血液の流れが止まってしまい、腸が死んでしまうこともあります。
したがって非常に危険な状態となってしまいます。
この場合にはすぐに病院を受診して、治療を受けるようにします。
この病気は先天性のものが原因となっています。
しかし生まれつきではなく後天性のものが原因となることもあります。
年齢を重ねることで、腹膜や筋肉が弱くなってきます。
その結果自分の内臓の重さに耐えることができずに症状が現れるということがあります。
したがって普段から立って作業をするということが多い人や、便秘気味の人や咳やくしゃみをよくする人というのは、発症しやすくなっています。
スポンサーリンク