赤ちゃん 臍 ヘルニア 原因

赤ちゃんの臍ヘルニアの原因について

スポンサーリンク

でべそという言葉を耳にすることがあります。
これは一般的には臍ヘルニアと呼ばれるようになっています。
出産の際のへその緒の取り方がよくなかったりしっかりと産後のケアを行っていなかったというようなことが考えられていますが、これらのことが原因となっているということはありません。
へその緒に関しては、胎盤と赤ちゃんの臍とをつないでいる部分となります。
臍帯と呼ばれるようになっています。
この中に3本の血管が流れていますが、ここから酸素や栄養の供給が行われているということになります。
産後は自然に取れるようになっています。
このときに赤ちゃんの体の中では変化が起こっています。
へその緒が通っていた部分には穴が開いていますが、この穴を閉じるために筋肉や組織が形成されるようになっています。
これによって自然とふさがるようになっています。
しかしすぐにふさがるということはありません。
勢いよく泣いたりいきんだりするとお腹に力が入ってしまうので、腸の一部がはみ出すことがあります。
スポンサーリンク

このように腸がはみ出した状態を、臍ヘルニアと呼んでいます。
これが原因となっています。
赤ちゃんがいきんだり泣くことが原因となって、臍が膨らみます。
しかし触ってみると硬いということはなく非常に軟らかいのが特徴です。
大きいものでは5センチメートル程度あります。
へその緒が取れてから1ヶ月頃までに発症するようになっています。
臍ヘルニアに関しては決して珍しいものではありません。
赤ちゃんの5人から10人に1人はいると考えられています。
寝返りやはいはいをすることができるようになると、腹筋が発達してくるので、穴は自然にふさがるようになっています。
1歳までに約90パーセントの赤ちゃんが自然に治ると考えられています。
症状が改善しない場合でも、3歳から4歳までは手術をせずに、経過観察をされることが多くなっています。
治療方法としては、自然治癒があります。
このほかには圧迫療法があります。
綿棒やスポンジを使って圧迫をします。
このほかに外科的手術があります。
スポンサーリンク