臍 ヘルニア 原因 肥満

臍ヘルニアは肥満が原因となっているのか

スポンサーリンク

小さな赤ちゃんが臍ヘルニアになっているということがよくあります。
しかしこの場合には、1歳までにはほとんどが治ると考えられています。
小さな子供の場合には先天性のものが原因となっていることが多いです。
1歳までに治らないということになれば、手術が行われるようになっています。
このような中で大人になってから臍ヘルニアになるということがあります。
あまり頻繁に見られるというようなことではありませんが、ここにはいくつかの原因が考えられています。
臍ヘルニアに関しては、赤ちゃんに発症することが多くなっています。
早産で生まれた子供や、低体重児によく見られるようになっています。
しかし男の子と女の子では発症する確率に差があるということはありません。
また大人の場合の原因としては肥満などがあります。
過剰な圧力が胃の筋肉の弱い部分にかかってしまうと、大人でも発症することがあります。
肥満というような太りすぎが原因となっていることがあります。
スポンサーリンク

肥満ということ以外では、頻繁に妊娠をしたり、腹腔内の液体が関係しているということがあります。
胃の手術を行うことが原因となっていることもあります。
病院で診断を受けることができますが、このときには臍ヘルニアがないかを判断するために身体検査が行われています。
また合併症がないかもしっかりと判断しなければいけません。
そのためにはX線撮影や胃の周辺に超音波検査を行うようになっています。
合併症を発症することがありますが、これは非常に稀となっています。
しかし臍帯に絡まったというような場合には、合併症が発生する可能性があるので、注意が必要となります。
腸が胃壁によって押し戻されないということもありますこうなるとしっかりと血液が供給されなくなってしまいます。
その結果感染症につながる痛みを発生させたり、組織を殺してしまうという原因となります。
腸閉塞が発生するということもあるので、その場合には緊急手術が行われるようになっています。
スポンサーリンク