へそ 脱腸 原因

へその脱腸の原因について

スポンサーリンク

生まれたときからでべその状態であるという人がいます。
でべそに悩まされているという人が少なくありませんが、ここで臍ヘルニアがあるのではないかと悩んでいる人も多くなっています。
でべそと臍ヘルニアに関しては見た目が同じとなっています。
しかし実際には体のなかの仕組みが異なっているのです。
臍ヘルニアがあるという場合には病院で治療を受けることができます。
この場合には健康保険を使うことができるようになっています。
したがってまずは臍ヘルニアの状態や原因や治療法をしっかりと頭に入れておくことが必要になります。
臍ヘルニアとはどのような状態のことをいうのかというと、何らかの理由によって臍部分の筋肉がしっかりと閉じていない状態となっています。
だからといってへその緒の切り方が悪かったということや、母親がしっかりとケアをしていなかったということが原因となっているということではありません。
これは一つの病気として考えられています。
スポンサーリンク

しかし病気であるからといってすぐに治療をしなければいけないということではありません。
この場合2歳までにはヘルニアの穴がふさがる可能性が高くなっています体の中の臓器が脱出してしまうということになりますが、この部分は元々筋肉や脂肪が少なくて非常に開放的となっています。
従ってここから脱腸してしまうことが多くなっています。
脱腸をしているというのが臍ヘルニアとなっていますが、でべそといった方がわかりやすいと感じている人がいます。
似たようなもので鼠経ヘルニアというものもありますが、これも脱腸をしている状態となっています。
子供の場合には、へそをひっかいたりする可能性があるので、この場合には保護者がしっかりと観察をしなければいけません。
へその部分が膨らんでいるという臍ヘルニアに関しては、原因はほとんどが先天性となっています。
大人になってから発症することもありますが、これは稀です。
臍ヘルニアに関しては、1歳から2際ころまでに治ることが多くなっています。
スポンサーリンク