腸 ヘルニア 赤ちゃん

赤ちゃんと腸ヘルニアについて

スポンサーリンク

毎日の生活の中で脱腸という言葉を耳にすることは少なくなっています。
しかし赤ちゃんの中には生まれつきこのような状態を持って生まれてくるということが少なくありません。
これは鼠経ヘルニアと呼ばれるようになっています。
腸ヘルニアと呼ばれることもあります。
赤ちゃんの場合には先天性のものが多くなっています。
したがって実際には気がつきにくいことが多いです。
赤ちゃんの腸ヘルニアに関しては、月齢や症状によって対処法が異なっているというのをしっかりと頭に入れておくようにします。
腸ヘルニアとはどのような状態となっているのかというと、太股の付け根である鼠経部という部分に、腸の一部が飛び出してしまう状態のことをいいます。
したがって脱腸と呼ばれるようになっています。
原因として考えられているのは次のようなこととなっています。
それは胎児の頃に男の子の場合には、精巣はお腹の中にあるという状態です。
そして生まれる直前になると、陰嚢に降りてくるようになっています。
スポンサーリンク

このときに腹膜も一緒に降りてくるようになっています。
このときの通路はふさがるようになっています。
しかしこの腹膜があいた状態のままで生まれるということがあります。
こうなると一部がここから飛び出してしまうのです。
これは男女の差はあまりありません。
男の子だけに発症するということはなく、女の子でも見られるようになっています。
女の子の場合には卵巣が飛び出してしまうということもあります。
実際にどの程度の確率で発症をしているのかというと、赤ちゃんの20人に1人程度となっています。
具体的にはどのような症状が現れるようになっているのかというと、太股の付け根部分が膨らんだり、この膨らんだところを指で押すと引っ込んでなくなるということがあります。
生後5ヶ月から6ヶ月程度までは、自然に治ることが多いと考えられています。
ふくらみに関しては戻ったり再び現れたりするというのが大きな特徴となっています。
しかし痛がって泣いたり顔色が悪くて嘔吐をするというようなときには病院を受診します。
スポンサーリンク