産後 臍 ヘルニア

産後の臍ヘルニアについて

スポンサーリンク

妊娠後期になると、お腹が大きく膨らんでくるので、体にさまざまな変化が現れるようになっています。
このときにお腹の皮膚が引き延ばされたというような状態になることがあります。
そしてよく確認してみるとでべそ状態になっているということも珍しいことではありません。
これは臍ヘルニアとも呼ばれるようになっていますが、多くの妊婦さんに見られる症状となっています。
妊娠をすると子宮が大きくなります。
そして大きくなる子宮に圧迫されるようになるので、腹直筋というものが真ん中から左右に分かれてしまうということがあります。
ここは穴が開いた状態となっています。
産後はこの部分がしばらくあいた状態となっています。
そして腹直筋の下にある腸管などが外側に飛び出してくるということがあります。
これがでべその原因となっています。
すなわち臍ヘルニアということになります。
産後は臍ヘルニアになるという人が少なくありません。
しかし必ずしも治療をしなければいけないということはありません。
スポンサーリンク

基本的に治療を行わなければいけないときの目安としては、痛みを感じる場合となっています。
痛みがあると治療が必要になると考えられているのは、飛び出した腸管が、左右の腹直筋などで締め付けられて元に戻らない状態になっている可能性があるからです。
こうなってしまうと、血流障害が発生するということになります。
その結果痛みが発生し、血流が止まってしまうと、腸管が壊死してしまうという非常に恐ろしい状態となってしまいます。
したがって産後痛みを伴うというような臍ヘルニアに関しては、手術を行ってしっかりと治療をする必要があります。
痛みがない場合には、見た目があまりよくないということがありますが、それ以外には生活に支障が出るということもなく、治療をしなければいけないということもありません。
痛みがあるという場合には、消化器外科を受診するようにします。
ここでは手術が行われており、左右の腹直筋を寄せて縫合をするという治療が行われています。
スポンサーリンク