産後 でべそ 治らない 原因

産後でべそが治らない原因について

スポンサーリンク

女性は結婚をして出産という大きな仕事をします。
このときには体は大きな変化をするようになっています。
初めての出産というような場合には、不安なことがたくさんあります。
女性の場合、妊娠をすると体が変化をするようになっていますが、このときに急に臍が出てくるというようなことがあります。
なぜこのようにでべその状態になってしまうのかというと、お腹の中で胎児が成長をする中で、臍の部分の腹膜に穴が開くようになっています。
そこから腸管が飛び出してくるということが原因となっています。
腸が飛び出しているという状態なので、健康に影響が出ないのか心配になります。
しかし実際には痛みの症状がなければ、それほど心配するというものではありません。
でべそが妊娠中に現れた場合には治らないのではないかと心配になる人がいますが、必ずしも治らないということはありません。
産後体型が戻っていくようになっていますが、この段階で自然にもとの状態になります。
スポンサーリンク

産後は、腹圧を上げていた胎児がお腹の中にいなくなるので、それに伴って腸管も元の場所へと戻っていきます。
したがって産後は基本的にでべその状態は治るというように考えられています。
しかし産後になってもでべそが治らないということもあります。
この場合には自分で症状を改善させることは難しくなっています。
医療機関を受診する必要があります。
医療機関では手術が行われるようになっています。
しかしこのなかで痛みなどの症状がないという場合には、無理に手術が行われるということはありません。
腸が出てくるということが原因となっていますが、産後に関しては、時間が経過してしまうと治療方法は手術でなければ治すことができません。
しかし腹筋の状態も原因となっているので、出産直後の場合には元の状態に戻りやすくなっています。
毎日の生活の中で腹筋の筋力を意識するということが必要になります。
妊娠後期の段階から腹筋を鍛えるようにしておきます。
スポンサーリンク