産後 でべそ 治し方

産後のでべその治し方

スポンサーリンク

妊娠中、お腹が大きくなってくるにつれ、でべそになってしまうことがあります。
特に胎児が急激に成長する妊娠中期から後期にかけてなってしまうことが多いようです。
これは、胎児の成長に伴い腹圧がかかり腸がおしだされてしまったためです。
腸がおしだされてしまうというと恐ろしい状態に思えますが、痛みなどがなければ問題ありません。
出産して、原因である胎児がお腹の中からいなくなれば、産後体型が戻っていくにつれ自然と治ることがほとんどです。
ですが、まれにそのままでべそが残ってしまうことがあります。
あまりにお腹が大きくなってしまったり、双子を妊娠していたりするとなることがあるようです。
痛みがなければ、基本的にはそのままでも問題ありません。
スポンサーリンク

ですが、美容的に治したいと思う女性も多いと思います。
産後時間がたってしまった場合は、手術しか治し方はありません。
そうならないためには、妊娠中から予防策をとっておくといいでしょう。
最も有効なのは腹筋を鍛えておくことです。
妊娠後期頃から腹筋を鍛えておくことで、体型の戻りが早くなり、おへそも戻りやすくなります。
ただし、妊娠の経過によっては腹筋を鍛えてはいけない場合もあるので、かならず主治医に相談の上許可を得てから行うようにしてください。
妊娠中腹筋ができない場合は、産後すぐから引き締めのガードルをつけるのもおすすめの治し方です。
産後早ければ早いほどでべそも体型も戻りやすいので早めの対処が鍵となってきます。
体にあったものをきちんと選ぶのがポイントです。
スポンサーリンク